荒野に希望の灯をともす ~医師・中村哲 現地活動35年の軌跡~

購入 貸出
製作: 日本電波ニュース社(DVD 88分)
価格: 2970円(本体2700円+税10%)+送料
ライブラリー価格: 8910円(本体8100円+税10%)+送料

【貸出用 】
 本編(88分版)  DVD/ Blu-ray
 短縮版(45分)  DVD 

朗読: 石橋 蓮司
語り: 中里 雅子
企画: ペシャワール会

アフガニスタンとパキスタンで35年にわたり、病や戦乱、そして干ばつに 苦しむ
人々に寄り添いながら命を救い、生きる手助けをしてきた医師・中村哲。

NGO平和医療団日本(PMS) を率いて、医療支援と用水路の建設を行ってきた。
活動において特筆すべきことは、その長さだけでなく、支援の姿勢がまったく
ぶ れることなく、一貫していたことだ。一連の活動は世界 から高く評価され、
中村医師は人々から信頼され、愛されてきた。

いま、アフガニスタンに建設した用水路群の水が、かつての干ばつの大地を
恵み豊かな緑野に変え、65万人の命を支えている。

しかし、2019年12月。用水路建設現場へ向かう途中、中村医師は何者かの
凶弾 に倒れた。その突然の死は多くの人々に深い悲しみをもたらした。
だが、一方で 私たちに強く問いかけ もする。 中村医師が命を賭して遺した物は
何なのか、その視線の先に目指していたものは何なのか。

中村哲が遺した文章と1000時間におよぶ記録映像をもとに、
現地活動の 実践と思索をひも解く。

朗読: 石橋 蓮司
語り: 中里 雅子
企画: ペシャワール会