Asia Insight “Thailand’s Elephant Tribe: Searching for a New Path”

カテゴリー無
NHKワールド
2021年1月29日(金) 10:30-11:00/16:30-17:00/19:30-20:00
2021年1月30日(土) 4:30-5:00
ディレクター/宇崎真・長塚洋
カメラ/秋山英樹
コーディネーター/宇崎喜代美
プロデューサー/熊谷均

In November 2020, one of Thailand’s biggest festivals, the Surin Elephant Round-Up, took place ? despite the Coronavirus pandemic. The event went ahead thanks largely to the passion of an ethnic tribe of elephant handlers. With a history of living with elephants that dates back centuries, the Kui people today depend heavily on income from tourism ? a livelihood that is now in danger of disappearing. We follow the people taking on new challenges in a long-running fight to preserve their culture.

2020年11月、タイ最大の祭りの一つ「象祭り」が、カンボジアと国境を接するスリン県で行われた。タイでは象は王家の象徴とされるなど人々にとって特別な存在だが、かつて象が活躍した森林伐採が禁止された現在、人に飼われる2000頭のほとんどは観光収入に依存。そのためコロナ感染拡大で失業状態に陥った。収入を絶たれても象に大量の餌を与え続けなければならない多くの象使いたちは、今も困窮の中にある。象祭りも外国人客がほとんど来ないため、厳しい財政を強いられる。それでも開催に踏み切った背景には、タイで古くから象使いを務めてきた少数民族の、熱い思いがあった。象と象使いは、往年の野生の象狩りの再現や、象が最強の兵器だった時代の有名な戦いの再現など様々な演目で、目を見張る技とコンビネーションを披露する。祭りを支えているのが、世界最大の象の村と言われるタクラン村の象使いたちだ。象を育てる民族の文化を守り伝えることに取り組む村長、象たちと信頼関係を築き象に敬意を表する熟達者、SNSで寄付を得ながら生業を続ける若者。現在の苦難を越え、象と人とが共に生きていける未来を模索する、その姿を追う。
(放送メディア)
NHKワールドは海外向けの英語放送です。放送衛星やケーブル局などを通じて約160国/地域で視聴可能。ウェブサイトで放送と同時間にライブストリーミングされます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
放送後、Asia Insightのホームページよりオンデマンドでの視聴が可能です。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/asiainsight/



ディレクター/宇崎真・長塚洋
カメラ/秋山英樹
コーディネーター/宇崎喜代美
プロデューサー/熊谷均