日本電波ニュース社 ホームページ 会社情報お問い合わせサイトマップ
トップページへ戻る テレビ番組ビデオ製作ビデオ販売受賞作品ライブイラリーメディア事業
事業のご案内
テレビ番組
過去の制作番組
・2018年の番組
・2017年の番組
・2016年の番組
・2015年の番組
・2014年の番組
・2013年の番組
・2012年の番組
・2011年の番組
・2010年の番組
・2009年の番組
・2008年の番組
・2007年の番組
・2006年の番組
・2005年の番組
・2004年の番組

・2003年の番組

・2002年の番組
・2001年の番組
・2000年の番組
・1999年の番組
・1998年の番組
ビデオ製作
ビデオ販売
受賞作品
ライブラリー
メディア事業


HOME > テレビ番組
近日放映の番組

日本電波ニュース社では、番組へのご感想をお待ちしております。
ご覧になった番組名/お名前/ご感想/連絡先をご記入の上、下記までお送りください。
「番組ご感想」係:info@ndn-news.co.jp

【放送】NHK BS1  2018年7月14日(土)午前0時(金曜深夜)
【再放送】NHK BS1
2018年7月22日(日)午後5時
【再放送】NHK 総合
2018年8月2日(木)午前1時50分

アスリートの魂
           新体操・皆川夏穂
日本新体操個人競技のエース、皆川夏穂(20)。170cmの身長と長い手足のプロポーションを生かした、動きが深くエレガントな演技で、昨年の世界選手権では42年ぶりのメダル獲得の快挙を果たした。15歳から新体操王国ロシアに派遣され、ロシア人のベテランコーチの元で厳しい練習に耐えてきた皆川だが、今シーズン、大きな壁にぶつかっていた。彼女に不利なルール改正が行われてしまったのだ。さらに大きな課題はメンタルの弱さ。番組は、モスクワでの練習やブルガリアで開かれたW杯の今シーズン初戦に密着。競技人生の集大成となる2年後の東京五輪に向け、次なるステージを目指す若き妖精の奮闘に迫った。
ディレクター:吉田留美子/カメラ:大久保千津奈/プロデューサー:江南亮

番組HP http://www4.nhk.or.jp/tamashii/

【放送】NHK ワールド 2018年7月19日(木)10:30-、16:30-、19:30-、4:30-
【再放送】NHK BS1
2018年7月23日(月)3:30-4:00(英語のまま放送)
(放送メディア) NHKワールドは海外向けの英語放送です。放送衛星やケーブル局などを通じて約160国/地域で視聴可能。NHKワールドのウェブサイトで放送と同時間に流れるライブストリーミングでも視聴可能。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
RISING
Global Kitchen through the sharing economy - Miwa Okada
世界の新潮流となったシェリングビジネス。中でもまだ事例が少ない食分野"ミールシェア"に挑むのが岡田美和。日本に住む外国人の自宅での家庭料理教室を開催し、日本人生徒をマッチングしているのだ。今、77カ国300人の外国人がホストとなり、2013年の開始からの利用者は2.5万人に達する人気ぶりだ。実は、年間7%で増加し250万人に達する在留外国人だが、日本社会に溶け込めず孤立してしまうケースも多い。一方で、外国人と親しくなりたいと思っても接し方がわからず一歩を踏み出せない日本人も多い。料理教室という体験型交流は、このミスマッチを解消し、これまでにない豊かな異文化交流をもたらしてくれると岡田は言う。「私たちがやっていることは、最終的には世界平和にも繋がるのではなかろうか、と思っています。」

ディレクター・撮影:大月啓介/編集:橋昌也/プロデューサー:江南亮


https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20180712/2042044/

【再放送】WOWOW  2018年8月4日(土)午前8時

ノンフィクションW
ユーリー・ノルシュテインの、話の話。
〜アニメーションの神様 終わらない挑戦〜

世界中を魅了し続けるロシアアニメーション界の巨匠ユーリー・ノルシュテイン。彼が1981年に始めた「外套」の制作は、今も続いている。その創作の源泉に迫る。
旧ソ連時代に国営アニメスタジオとして設立され、2016年に創設80周年を迎えたソユーズムリトフィルム。このスタジオではプロパガンダ作品を製作する陰で『森は生きている』や『雪の女王』といった名作を生み出してきた。ノルシュテインもかつてこのスタジオに所属し、『チェブラーシカ』のアシスタントなどを務めている。 彼は国際的なアニメ祭で数々の賞を受けたほか、代表作『話の話』がアメリカの映画芸術科学アカデミーから「史上最高のアニメーション映画」と認められたことが。日本でも、手塚治虫が彼のサインを部屋に飾っていたり、宮崎駿が引退会見で彼を「友人にして『負けてたまるか』という相手」と語るなど、刺激を受けた者が少なくない。混沌とした現代社会にアニメーションは何ができるのか。彼を良く知る高畑勲のコメントや、36年間作り続けている切り絵を使ったアニメーション『外套』に込められた想いを通して、商業アニメと一線を画す彼の思想と創作の源泉に触れる。

企画・プロデュース:平山穂波/ディレクター:橋泰一
撮影:辻智彦・大久保千津奈/編集:前嶌健治

          
上に戻る
 
Copyright(C)2003- NDN Nihon Denpa News Co.,Ltd.All rights reserved.
弊社ホームページに掲載されているものを無断で転載・利用することをお断りします