日本電波ニュース社 ホームページ 会社情報お問い合わせサイトマップ
トップページへ戻る テレビ番組ビデオ製作ビデオ販売受賞作品ライブイラリーメディア事業
事業のご案内
テレビ番組
過去の制作番組
・2017年の番組
・2016年の番組
・2015年の番組
・2014年の番組
・2013年の番組
・2012年の番組
・2011年の番組
・2010年の番組
・2009年の番組
・2008年の番組
・2007年の番組
・2006年の番組
・2005年の番組
・2004年の番組

・2003年の番組

・2002年の番組
・2001年の番組
・2000年の番組
・1999年の番組
・1998年の番組
ビデオ製作
ビデオ販売
受賞作品
ライブラリー
メディア事業


HOME > テレビ番組
近日放映の番組

日本電波ニュース社では、番組へのご感想をお待ちしております。
ご覧になった番組名/お名前/ご感想/連絡先をご記入の上、下記までお送りください。
「番組ご感想」係:info@ndn-news.co.jp

【放送】
◆ NHK ワールド (海外向け英語放送)
[日本時間](4回放送)
2017年11月23日(木) 10:30〜/16:30〜/19:30〜/翌4:30〜(28分番組)

NHKワールドは海外向けの英語放送です。 放送衛星やケーブル局などを通じて約150国/地域で視聴可能です。 日本ではNHKワールドのウェブサイトで放送と同時間に流れるライブストリーミングで視聴可能。 http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

NHK BS1 2017年11月27日(月) 3:30〜 (国内でも英語のまま放送します)
RISING
Making Japan Accessible to All
Universal Design Consultant - Toshiya Kakiuchi

2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控えた日本。世界中から観光客が集ま る中、障害者など、ハンディを抱える人でも心地よく過ごせるユニバーサルな施設や マナーを広げようと活動を続けるのが、ベンチャー企業の代表、垣内俊哉だ。自らも 先天性の難病を抱え車椅子生活を送る垣内は、障害者の立場から、施設のコンサル ティングや障害者への接客マナー研修を行い、思い込みにとらわれない接し方や施設 設備のあり方を伝えていく。本当のおもてなしとは?東京オリンピック・パラリン ピックをきっかけに、日本を世界トップクラスのユニバーサルデザイン国に変えよう と奮闘する垣内を追う。

ディレクター:菊地啓(デビュー作)/撮影:大久保千津奈
編集:橋昌也/プロ デューサー:平山穂波

【放送】 NHK BS1   2017年11月27日(月) 14:00〜
Asia Insight
        祖国のために描く〜ベトナム〜

“プロパガンダ絵画”。社会主義国で党や政府の決定、方針などを絵とスローガンで国民に伝える道具の一つだ。ベトナムに50年に渡って、その“プロパガンダ絵画”を描き続ける画家がいる。ルオン・アイン・ズンさん、71歳。1967年にハノイ市の公務員画家になり、以来、戦争、戦後の貧国、政治と経済の改革、そして経済成長を社会主義ベトナムのために描いていた。そのズンさんにプロパガンダ絵画を教えたのが、86歳の老画家レ・ラムさんだ。ラムさんはソ連でプロパガンダ絵画を学び、ベトナムにその技法を伝えただけでなく、戦火の南ベトナムに潜入、戦場でのプロパガンダ活動にも従事した。2人の老プロパガンダ画家を通してベトナムの激動の50年を見つめる。

企画・撮影・プロデューサー:谷津賢二
ディレクター:チャン・フィ・コン、谷津賢二/編集:大山幸樹(ビデオユニテ)

 
上に戻る
 
Copyright(C)2003- NDN Nihon Denpa News Co.,Ltd.All rights reserved.
弊社ホームページに掲載されているものを無断で転載・利用することをお断りします